世界最大の固体燃料ロケット

アークステーションの本社は神奈川県にあるのですが、県内に世界最大の固体燃料ロケットの実物が展示されているというので見てきました。
神奈川県相模原市、JR淵野辺駅から徒歩20分ほどの場所に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所相模原キャンパスに展示されている、M-V(ミューファイブ)ロケットです。
実物大模型ではなくて実物が展示されているのは、予定していた衛星の開発が遅れている間にロケットの仕様が変更になり、やがて衛星が開発中止になってしまったからなのです。
なので、このロケットは8号機まで作られましたが、2号機だけが地上に残ってしまって運用を終了したので実物を展示してあるのです。
1号機は全長30.7m、総重量139tと巨大なロケットで、低軌道へは1.8tの衛星を上げられます。
ロケット自体、実験のために、また衛星のために最適化されるので、各機で少しずつ仕様が違います。
世界中を感動の渦に巻き込んだはやぶさも、このM-Vロケットの5号機で打ち上げられました。

M-V-2.jpg5G.TM

【趣味★一覧】