夏の風物詩といえば?

猛暑の続く中、このところの異常気象で皆様お住まいの地域はいかがでしょうか。
さて、夏の風物詩といえばやはり花火大会ではないでしょうか。
今年の花火大会も各地で開催されていますが、一部の会場では雷雨などの影響で中止になったりもしたようです。
私の住む町では幸い天候も恵まれて、夏の夜空に大輪の花を咲かせていました。
わが町の花火大会は毎年海岸で行われるのですが、花火は波打ち際から打ち上げられます。
特にそれほど大きな花火大会ではないのですが、見どころとしては打ち上げる場所から観覧席までが近いということで、特にこの時期は海風で風向きによっては真上のほうで上がったりします。

image (1).jpeg

当然空を見上げで打上げ花火を楽しんでいますが、花火が上がって明るくなった時に下のほうを見ると、花火師さんが慌ただしく打上げの準備をしているのがわかります。
そばには緊急時に備え消防車や消防士さんも待機していたり、華やかな花火の陰には裏方で頑張っている人がたくさんいるのだと改めて実感しました。
我々も、同じように日本の産業を裏で支えている仕事ではないか!
「頑張らねば」!!

image.jpeg

                                             第二G TS

【その他★一覧】