台風

先週、台風26号が通過し大きな被害がでましたが、今週末は27号・28号とダブルで近づいてきそうです。

今回は台風について。

今年は台風が多いような気がしますが、気象庁によると毎年平均約26個発生し、記録では1967年の発生数39が最多だそうですので、格別多いわけではないようです。

気象庁の定義によると、

  台風とは・・・赤道よりやや北で発生した最大風速がおよそ17m/s(34ノット,風力8)以上のもの。

      
発生場所によりサイクロン、ハリケーンと名称が異なります。

また、日本では台風に番号をふりますが、現在では日本を含む14か国が加盟している「台風委員会」なるものが固有の名前を付けています。

そこで見つけた、風変わりな名前をご紹介します。


   【台風の名前】    【意味】    【命名した国や地域】

   ウーコン       (孫)悟空        中国

   バビンカ       プリン         マカオ

   ネサット       漁師          カンボジア

   コップ        コップ座        日本


「孫悟空」は何となく分かりますが、台風になぜ「プリン」だとか「漁師」なんて付けるのか理解に苦しむものもあります。

日本のコップもなかなか変わっていますが、命名は星座シリーズに決めているのか、ほかには「天秤(座)」や「くじら(座)」などがあります。

ちなみに、
  
  27号は 「フランシスコ」 (命名国アメリカ、男性の名前)
  
  28号は 「レキマー」   (命名国ベトナム、果物の名前)   だそうです。

そろそろ秋晴れをと思うのですが、今年はなかなかカラッとした良い天気は続きませんね。

syaso.JPG

☆台風接近中の車窓から(不鮮明な写真ですみません)

総務人事 K

【その他★一覧】