わが社の街 横浜 歴史探訪 そにょ3 YS-11(ワイエス ジュウイチ)

わが社の街、横浜の知られざる歴史について語るブログ、その第3弾、今回は日本初の国産旅客機、YS-11について語りたいと思います。

このYS-11は、昨年話題となった宮崎駿監督のジブリアニメ「風立ちぬ」の主人公となった堀越二郎が手掛けた最後の航空機ということでも知られています。終戦で航空機の開発を禁止されたかつての技術者たちは、自動車、鉄道産業等への転向を余儀なくされますが、その後10年を経た1955年頃から再び純国産の航空機を作ろうとの機運の高まりを背景に、財団法人輸送機設計研究協会(通称「輸研」)が設立され、そこへと集結します。
そこでこのYS-11の基礎設計に携わったのは、設計総合主任として東京帝国大学の「航研機」で名を馳せた「木村秀政」、空力主任に「二式大艇」「紫電改」の「菊原静男」、艤装主任に「飛燕」の「土井武夫」、企画主任に「隼」「疾風」の「太田稔」、そこにアニメ「風立ちぬ」でも描かれた逆ガル翼が特徴の「九試単戦」そして「零戦」の「堀越二郎」が構造主任として加わります。
往時、各所でしのぎを削ってきたかつてのトップライバルたちが一同に会したこのプロジェクト、まさに日本の航空機開発の威信を賭けたものになったのです。
ただ順風満帆とはいかず紆余曲折を経ながらも、1962年7月11日にようやく試作1号機が三菱小牧工場でロールアウト(完成)しました。今日は7月21日。つい10日前がその記念日だったんですね。そしてかつての若き天才技師、堀越二郎もこの時60歳に手がかかる年齢となっていました。安全に飛行することを第一とする初の純国産旅客機の完成。二郎さんの胸中は如何ばかりであったか・・・。
そしてその後のYS-11の長期に亘る大活躍は、特に御年輩者、航空機ファンの方々にはお馴染みの通りです。

はい、ここまで横浜の「よ」の字も出て来ていませんね。これのどこが横浜の歴史探訪なのか。ご説明しましょう。
日本初の国産旅客機、機種名「YS-11」の由来について、「YS」とは前述の「輸研」の「輸送機」と「設計」の頭文字「Y」「S」を取ったもの。11の最初の1は搭載エンジンの番号、後ろの1は機体仕様の番号ということで、つまりこれらは単なる記号の羅列ですね。したがって読み方は「ワイエス イチイチ」となります。尚、これは正式な読み方です。
次に、このYS-11の本格的な設計・製造に入っていく前の1958年12月11日に、日本飛行機㈱の横浜杉田工場でモックアップ(模型)が披露された経緯がありました。この時の完成披露キャッチフレーズが「横浜・杉田で11日に会いましょう」でした。横浜のYと杉田のS、そして完成披露日の11日(ジュウイチニチ)に掛けたのです。このキャッチフレーズが一般には広がり、機種名もいつの間にやら「ワイエス ジュウイチ」と呼ばれるようになった、ということです。もちろん試作1号機の完成披露も前述の通り11日でした。11日にこだわったんですね。知られざるすごいエピソードですよねぇ。皆さん知っていましたか?

ほら、どうです?横浜、杉田。ちゃんと出てきたでしょう?・・・えっ? う、薄いとでも??
いいえ、決してもうネタ切れという訳ではありません!横浜の歴史は深いのです。
・・・精進して、次回また頑張ります。

半導体機器部 T.H

【趣味★一覧】